イノベーションとアジアでの
発展が、ヴァレオの
成長を支えています。

変化の早い自動車業界において、ヴァレオはCO2 排出量の削減において自動車メーカーから選ばれるパートナーとなることと、新興国での事業の発展を加速させるという 2 つのビジョンを掲げています。

CO2 排出量を削減するイノベーション

厳しさを増す規制への対応と、自動車メーカーと消費者の期待に応えるために、CO2 排出量の削減に貢献する製品の開発を進めています。

規制はより厳格に

規制はより厳格に
CO2 排出量の削減に向けて世界各地域の当局は意欲的な目標を掲げており、2020 年に向けて規制強化が進んでいます。この動きは、自動車メーカーの技術開発に影響を与えています。

自動車メーカーのプライオリティ

「すべての車で平均 10% から 15% 効率を向上させなければならず、アイドリングストップシステムなどの技術がスタンダードになっていくでしょう [...]」
2012 年 3 月、フォルクスワーゲン会長、ウィンターコルン博士

消費者のプライオリティ

情報が溢れている現在、消費者は自分の車の排出量レベルや燃費を把握しています。また、燃料の価格が上昇しており、低公害車の購入を促進する制度を導入している国もあります。

CO2 排出量の削減は、ヴァレオのイノベーションにおけるプライオリティです

ヴァレオの研究開発チームにとって、主な技術開発の目標は燃費の削減です。この実現に向けて、エンジンの効率アップ、電動化、さまざまなシステムでのエネルギー消費の低減、部品の軽量化などを進めています。

ヴァレオの技術が搭載されている多くの車でこれらのソリューションは効果的に機能しており、なかでも以下のシステムは自動車メーカーとドライバーから評価されています。

  • アイドリングストップ システム。このシステムは、自動車が停止した時 (赤信号など) にエンジンを止めることで、渋滞した都市部での走行時に燃費を最大 15% 向上させます。
  • ブレーキ時の回生システムや、電気エネルギーで数キロメートル走行可能となる能力など、より進んだハイブリッドソリューション
  • 電気自動車の最適化されたサーマル マネージメント
  • LED ライティング は、特に消費エネルギーを低減できるため、特にデイタイムランニングランプで有効であり、また、デザイナーに新しいスタイリングの可能性を提供します。
  • 運転支援システムでは、障害物を検知し駐車を完全に自動化するシステム、低速での運転時に役立つ車両周辺を俯瞰した画像を提供するシステムなどがあります。

高成長地域で高まる存在感

ヴァレオは革新的な技術を開発するとともに、高成長を遂げている地域で新しい顧客をひきつけてマーケットシェアを伸ばすべく、営業と生産活動に力を入れてしています。アジアは2012 年に世界の自動車生産の 50% 以上を占めるに至りました。アジアの成長は、世界で最も大きな自動車市場となった中国、今後数年で中国同様の市場拡大が見込まれるインド、そして東南アジアの国々が牽引しています。2015 年までにヴァレオの成長の半分がアジアでの事業によるものとなるでしょう。

100 万台単位で表された自動車の生産台数。2012 年には、アジアが世界の自動車生産の半数を超えました。
100 万台単位で表された自動車の生産台数。2012 年には、アジアが世界の自動車生産の半数を超えました。

詳細