1923 年、パリ郊外のサントゥアンで、ブレーキ ライニングとクラッチ フェーシングの生産を始めたことがすべての始まりです。90 年後、ヴァレオは主要な自動車メーカーのパートナーとして、28 カ国で事業展開を行う世界屈指の自動車部品サプライヤーに成長しました。

1923-1961 - Beginnings

1923年 - 1961年 - 黎明期

1923 年にブレーキライニングメーカーであるフェドロ社のフランス代表、ウジェーヌ・ビュイソンがサントゥアンに工場を開設し、ライセンス契約の下、自ら摩擦材の生産を始めました。これが Société Anonyme Française de Ferodo (SAFF) の誕生です。

1932 年に SAFF は事業を拡大し、クラッチの生産に着手したほか、パリ証券取引所に上場しました。第二次世界大戦の直前には、同社はクラッチ関連のほとんどの特許を取得していました。

第二次世界大戦中、1994 年のファレーズ包囲戦でノルマンディの工場の一部が破壊され、パリ解放時には、サントゥアンの工場 (ブレーキライニングとクラッチを生産) が甚大な被害を受けました。1950 年代に組織を近代化し、パリ以外の地域にも進出して、ノルマンディ (摩擦材を生産) やアミアン (クラッチを生産) などに新工場を建設しました。

1953 年に 30 周年を迎え、常に技術が進化しているクラッチが主な事業となりました。