乗員一人一人に快適な車室内温度を提供
 
空調 ユニットは、車外から入ってくる空気を暖めたり、冷やしたりするシステムで、個々の乗客のために設定された温度の空気を送風します。

ヴァレオは、自動車メーカーの仕様とユーザーニーズを満たす 空調 システム (マニュアルや自動空調装置を含む) を提供します。また、車室内を 1 ~ 6 ゾーンでのパーソナル空調を行い、全ての乗員に最高の快適環境を実現します。
マルチゾーン 空調 システムは、乗員一人ひとりに快適な環境を提供し、さらに他の技術と機能を追加することも可能です。
車室内における各々のゾーンで独立した温度調整:各乗員が、自分のいるゾーンの温度と空気の流れを個別に設定することができます。また、ヴァレオはハイブリッド車や電気自動車の電費を改善するため、エネルギー消費量を削減できる次世代の空調システムの開発にも取り組んでいます。このシステムは、あるゾーンに乗員がいなくなると、そのゾーンへ送風を止めたり、特定ゾーンを快適にするために空気の再循環量を増やしたりします (車室内ですでに暖められた空気や、冷やされた空気をリサイクルすることで、室内を設定温度にする時間を短縮し、余分なエネルギー消費を抑えます)。
空気質:ヴァレオが提供する車室内の空気質を改善するためのパーソナル制御機能には、リラックスし、元気を回復できるような雰囲気を作り出すフレグランス ディフューザー、空気清浄機 (プラスイオンで不快な臭いを除去し、マイナスイオンで落ち着いた環境を作り出すイオン発生装置を装備)、花粉によるアレルギー誘発物質を除去することができる、抗アレルギー キャビン フィルターがあります。
ヴァレオは革新的なコンポーネントを組み合わせることで、あらゆるニーズを満たす幅広い空調システムを提供します。
熱交換器:様々なサイズと異なる構造(プレート式またはチューブ式、メカニカルまたはブレーズド) を備えたラジエーターとエバポレーター。ハイブリッド車向けに、ヴァレオはエンジンを止めている時でも快適な室内温度を維持するための蓄冷エバポレーターも提供します。
送風を制御するアクチュエーター:ヴァレオは、空調ユニットの小型化と軽量化のために、この小型モーターのサイズを小さくする取り組みを行っています。
ブロワー モーター:次世代のブラシレス ブロワーモーターは、騒音レベルを下げ、空調 ユニットの消費量を 10%削減します。
補助暖房:ヴァレオは、エンジン温度がまだ低いときでも室内が早く暖まるよう必要な温風を供給する、幅広い種類の PTC (Positive Temperature Coefficient) を提供します。

メディア

このテクノロジーが
搭載されている
モデル

詳細