ヴァレオは電気自動車に最適なサーマルマネージメントを提供します。
 
今日、環境問題は自動車業界の議論での中心的な課題となっており、CO2 排出量を削減するための環境基準がヨーロッパの自動車メーカーに求められています。ヴァレオは、従来の内燃エンジンに代わる動力源を開発する自動車メーカーを支援するために、電気自動車に最適なサーマルマネージメントを提供するシステムを開発しています。
 
電気自動車の走行にはバッテリーが不可欠ですが、バッテリーは高価かつ非常にデリケートな温度管理を必要とします。バッテリーは温度の変化の影響を受けやすく、車の充電時には高温になる場合があります。バッテリーの性能と寿命を維持するためには、バッテリーの温度を 20°C から 40°C に保ち、温度の急激な変化を受けないように管理する必要があります。ヴァレオは空冷システムや、バッテリーに直接設置される冷却プレートを利用した水冷システム等のバッテリーのサーマルマネージメントを提供します。
現在、バッテリーの温度を管理する方法は 2 つあります。

  • 空冷システム
    - パッシブエアクーリング:送風機で周囲の空気をバッテリーに送り冷やすシステムで、コンパクトで静かなサーマルマネージメントを行います。
    - アクティブエアクーリング:一体型のモジュールに内蔵されたエバポレーターで冷やした空気をバッテリーに送ります。このアクティブエアクーリングは、非常に多くの電力を使用する車両に適用されます。
  • バッテリーに接して設置される冷却プレートを利用した冷却システム。                                冷却プレートには、エアコンの冷媒回路に接続された熱交換器で冷やされた冷却水(クーラント)を使用するプレートと、エアコンの冷媒を直接使用するプレートがあります。これらの方式は、非常にコンパクトで高効率です。
このソリューションは、すべてのハイブリッド車、充電可能なプラグインハイブリッド車および電気自動車で使用できます。この製品を導入することで、バッテリーの寿命を最大限に利用し、車両の性能、航続距離、信頼性を高めることができます。

メディア

詳細