性能と快適性を向上させるために空気の流れを制御.
 
車 両のフロントエンドに搭載されているヴァレオのアクティブ グリル シャッターは、電子制御されるシャッター システムを使用して、空気の流れを制御し、調節することで、車の空力性能と冷却性能を改善します。このシャッターは、空気の循環を良くし、防水性を高める よう最適に設計されています。
 
多くの車両は、非常に暑い時やエンジン負荷が高い場合などの高負荷条件下でも適正に温 度管理が行えるように、空気の取り入れ開口部の大きさを設計しています。そのため、ボンネットの中を通過する空気の流量が過大となり、空力性能が低下しま す。ヴァレオの設計したアクティブ グリル シャッターは、車両のフロント エンド モジュールに組み込んだシャッターを、車両で実際に必要とされる温度に合わせて開閉することで空気の流量を変えることができます。
通常の走行条件では、シャッターを閉じることで空力性能を最適化して車両燃料消費を減らし、さらに適正な温度管理と低騒音化を実現します。
シャッターの開閉は、電子式アクチュエーターで制御します。空気の流量調節が必要な場合は、この電子式システムがシャッターを開き、多くの空気を取り入 れ、温度を調節します。反対にエンジンの冷却液の温度が低下すると、システムはシャッターを閉じて空気を減らすことで騒音を抑え、燃料消費を減らします。 このソリューションで車両燃料消費を削減し、快適性とドライバーの安全性を向上させるなど、多くのメリットを提供します。

  • シャッターを閉じると、一定速度での抵抗係数が減るため、空力性能が向上します。寒い時期にエンジンをかけたときに、より早くエンジンが暖まるため、車両燃料消費量が大幅に削減され、二酸化炭素の排出量が 1 キロあたり 2 g まで低減されます。
  • 快適な温度を実現するため、シャッターを閉じて、車室内を早く暖めます。さらに寒い季節にフロントガラスに付いた霜を取り除く時間が半減されるため、ドライバーの安全性が向上します。また、車外騒音が1.2 dB (デシベル) 削減されます。

メディア

詳細