トランスミッションの自動化:ヴァレオの乾式ダブル クラッチは、消費者の期待に応え、CO2 削減目標を達成するのに最適なソリューションです。
 
トランスミッションの自動化は、世界的なトレンドになっています。
 
オートマチック トランスミッション、自動マニュアル トランスミッション、ダブル クラッチ トランスミッションなどが自動化ミッションの代表的な技術です。
ダブル クラッチ トランスミッションは、従来のオートマチック トランスミッションと比べて、CO2 の排出量が 6% から 10% 削減されます。ダブルクラッチ技術には、湿式と乾式の 2 つの技術があります。
ヴァレオが設計した乾式ダブル クラッチ モジュールは、湿式ダブル クラッチと比べて、CO2 の消費量と排出量が低く、競合会社の乾式ダブル クラッチ モジュールに比べて、使われているコンポーネントが少ないデザインのため、より信頼性の高い製品となっています。
ヴァレオの乾式ダブル クラッチは、エンジンのフライホールと同期して回転する 2組のクラッチと3 枚のクラッチ プレートを備えます。プレートのモーター側のクラッチは、奇数段のギアに入れたときと発進するときに噛み合います。プレートのギアボックス側のクラッチは、偶数段に入れた時と後退時のみ噛み合います。2 系統のクラッチそれぞれが交互に、軸方向への伝搬を行う 2 つのインプットシャフトの一つにトルクを伝えます。

ヴァレオのモジュールは、エネルギー効率の高い電気機械式アクチュエーターと組み合わせることで、同じ数のギアが使用されるオートマチック トランスミッションに比べて、燃料消費量と CO2 排出量が 6% から 10% 削減され、湿式ダブルクラッチと比べて 4% 削減されます。
電子機械式アクチュエーターは、 2 枚のクラッチプレートを正確に同期するようにスライドさせます。電子機械式アクチュエーターでは、電力消費の削減に役立つ補助バネが使用されています。この機能により、ヴァレオのモジュールは、従来のオートマチック トランスミッションより優れた性能を発揮します。ギアチェンジをしたときに、トルクが途切れることなくスムーズに加速するため、自動マニュアル トランスミッションよりも快適性と性能が向上します。

また、停止時では、より高い安全性を実現するため、クラッチを切ります (コマンドシステムによりアクティブに閉じられます)。
デュアル ドライ クラッチ、バイブレーション フィルタリング システム、制御装置、およびコマンド システムで構成される完全なモジュールは、すべてヴァレオ チームが設計しました。
ヴァレオの乾式ダブル クラッチは非常にコンパクトであり、多くのトランスミッションに簡単に取り付けることができます。
2014 年末までに、ヴァレオの乾式ダブル クラッチは、北米やアジアの自動車メーカー向けに生産されます。

メディア

詳細