ヴァレオは、経験豊富なトップ コラム モジュール (TCM) サプライヤーの1社で、高度なトップ コラム ソリューションを世界中の全自動車市場に提供しています。シティカーからラグジュアリーなセダン、最も厳しい仕様が要求されるトラックに至るすべての車で、ヴァレオの TCM モジュールが搭載されています。
 
 新しいヴァレオの TCM モジュールは機能の幅が広いため、モジュラーユニットでの柔軟性を備えた革新的な自動車アーキテクチャや、統合された高度なデザインに適応できます。主要なインジケーターやワイパー機能のほか、TCM モジュールはハンドルとのインターフェイスとして機能します。新機能のハンドル ヒーティングや配光可変型照灯、アクティブ ステアリングなどは、ドライバーの快適性を高め、使いやすさを向上させます。スタンドアローン製品としても使用可能な高精度のハンドル角度センサーは、運転時の安全性を高める ESP や眠気検知機能を備えています。ヴァレオが開発した最新のFlexrayインターフェイスを含む、車両でのマルチ データ インターフェイスにも対応します。
安全規格ISO 26262に準拠
オートクルーズ、車間接近モニターのリミッター機能およびレバー灯付き
内蔵安全装置付きの非接触型ギア選択コンタクター
サイレントショートテープハンドルに接するロータリーインターフェイス
インテリジェントなハンドルヒーティング制御 (最大 120W) と車線変更警告のための振動モーター
使用時とスタンドバイモード時での電力消費量の削減
安全規格 ISO 2626 に準拠した、ヒステリシスが非常に低い高解像度 (≤0,1°) 舵角センサ
高速CAN、低速CAN、LIN、Flexrayなど、多くの車両で採用されているインターフェイスに対応
最先端の人間工学に基づいたデザイン及びビジュアルデザイン
減量 (20%)
一体化された機械式/電気式ステアリング コラム ロック、イモビライザー システム、およびキーレス レシーバー、ポリフォニック サウンド

メディア

詳細く