車内でのスマートフォンの活用。ヴァレオのスマートスクリーンは、タッチスクリーンとスマートフォンとの接続性を誰もが体験できるよう、価格を抑えつつ、高性能化を追求し開発されました。このスクリーンは、あらゆるタイプの車両に適していますが、特にエントリーレベル (A、B、C セグメント) の車両に向いています。
スマートスクリーンは、インフォテインメント機能をあらゆる車両タイプに提供し、コストとサイズの面で最適なソリューションです。以下の 3 つの要素がこのスマートスクリーンの性能に寄与しています。
統合:電子制御システムがスクリーンの右背面に内蔵されているため、システム、ハーネス、個別のエンジンコンピュータユニット (ECU) を相互に接続する必要がありません。
スマートフォンの使用:ナビゲーション、MP3 プレーヤーなどの機能がスマートフォンに搭載されているため、スマートスクリーンにそうした電子製品を追加する必要はありません。
標準化:標準化されたコンポーネントを使用することで、システム全体の価格低下を実現しました。
スマートスクリーンでは、運転環境に完全に対応したインターフェイスを利用しながら、最新機能に車内で常時アクセスできます。
スマート スクリーンには、以下の機能があります。
Bluetooth® や WiFi®、USB® 接続を使用した MirrorLink® プロトコルを介してスマートフォンと連携します。
7 インチ型のタッチスクリーン。
ダイナミック環境光で、現在使用しているアプリケーションタイプが素早く認識できます。
アプリケーションフィルタリングで、走行時の運転環境に適応したアプリケーションのみを表示します。
ジェスチャー検知で、機能制御にこれまで以上の滑らかな反応を実現します。
「ブラックマスク」ボタンで、必要がないときに表示を消し、運転時の視界をシンプルにします。

メディア

詳細く