フロントガラスに設置された多機能センサー
最近の車のスタンダードとして、ワイパーを自動制御するセンサーを搭載した車両が増えています。雨センサーのトップサプライヤーの 1 社であるヴァレオは、雨センサーの技術を発展させ、本格的な多機能センサーを開発しました。
開発の目的は、ドライバーの運転操作を容易にするとともに、運転時の安全性を高め、燃料消費量を減らすことです。このセンサーは、雨量を測るばかりでなく、環境光レベルに応じて、自動的にロービームランプを点灯/消灯させます。トンネルの入り口を事前に認識するため、トンネルに入った時点でライトが点灯します。
センサーには別の機能として、フロントガラスの温度と相対湿度を計測し、フロントガラスが曇る危険性を正確に評価する機能があります。
 
空調をインテリジェントに制御することで、ドライバーが視界の悪さに気付く前に、フロントガラスが曇るのを防ぎます。センサーは、安全性を高めるために視界を良くするばかりでなく、空調コンプレッサーをインテリジェントに使用することで、燃料消費量と排出量を削減します。さらに、車内の湿度をより正確に制御することで、快適さが増し、特に長時間運転する際に、ドライバーが運転に集中することができます。
ヴァレオは、1つのセンサーにこれらすべての機能を搭載しました。非常に小型なセンサーのため、目立たずにミラーアームに搭載することができます。

メディア

このテクノロジーが
搭載されている
モデル

詳細く