最新世代の半自動駐車補助システムを使用すると、車を簡単に駐車できます。
 
Park4U® を使用すると、数秒で車両を駐車することができます。超音波センサーで道路の両側を調べ、駐車可能なスペースを見つけます。駐車の操作は、ハンズフリーモードで、従来通り行われます。車を停止させ、バックギアに入れると、システムが操縦を代わります。その間、ドライバーはアクセルとブレーキで車の速度を制御します。駐車操作が行われている間、車の前部と後部に取り付けられている超音波センサーが、一層の安全性を確保しながら、ドライバーが駐車可能なスペースに効率よく車を入れるのを補助します。ドライバーはいつでも操作を終了することができ、自動車のハンドルを触るとすぐに、システムが自動的に停止します。
2007 年にフォルクスワーゲンのトゥーランに初めて搭載されて以来、Park4U®は市場で確固とした地位を築いています。このシステムは常に進化しており、現在では、縦列駐車とバック駐車にも対応します。このシステムでは、車の両側にわずか 40cm の空きがあれ、駐車することが可能です。Park4U®は、ドライバーが駐車場から出庫する際もドライバーを補助します。システムは、車両前後のスペースを測り、出庫に必要な操作を計算します。ドライバーが車の速度を制御し、駐車時同様にシステムがハンドルを切ります。システムは出庫のタイミングを検知すると自動的にオフになり、ドライバーが運転して走行できるようにします。
ヴァレオの新世代自動パーキングシステム:現在市場で販売されているシステムは駐車スペースの検出と自動ハンドル操作を行い、ドライバーに車の速度を制御させますが、Park4U®リモート (2011年フランクフルトモーターショーに初出展) は完全に自動操作で駐車を行うソリューションで、ドライバーは駐車操作が始まる前に車両を離れ、スマートフォンで制御することができます。

メディア

このテクノロジーが
搭載されている
モデル

詳細く