直感的で信頼できるラテラル アラート システム
 
車線変更には常に危険が伴います。特に、隣の車線を走っている車のスピードが速いときは危険です。そのため車線変更時には、車の後方の、ドアミラーでは映りにくい死角を考慮しなければなりません。ヴァレオの死角検知システムは、死角に車両が存在する場合や後方から急に近づいてくる車両をドライバーに警告します。この情報は、特にドライバーが急に車線変更する場合に非常に役に立ちます。
車の後部両側に取り付けられたレーダーセンサーが接近車両 (車、トラック、オートバイ) と後方の車両を検知します。 
反対車線を走る車両や追い越した車両も検知しますが、警告しません。ドライバーは、ドアミラーにインテリジェントに表示される信号で情報を受け取ります。この情報は、瞬時に直感的に理解できる形で表示されます。
車線変更補助システムは、 24 GHz の周波数で動作するレーダーセンサーを使用します。この完全に電子化された 2 つのセンサーは、異なるレーダービームを多数使用して周囲を調べます。死角検知システムは、車のモデルやメーカーの仕様に従い、車両周囲の一部のみ分析します。この完全に電子化されたレーダーには可動部分がありません。高精密な電波は、ほぼあらゆる気象条件下で伝搬します。

メディア

このテクノロジーが
搭載されている
モデル

詳細く