駐車と車両操作の容易さばかりでなく、特に重視される安全性
 
多くの新しい車両モデルでは、ドライバーから見える車両周囲の視界が狭くなっています。車の外形が空気力学と歩行者への安全性を考慮して決められるため、サイドとリアウィンドウは増々小さくなり、正確で安全な車両操作や駐車を行うことが非常に難しくなっています。
 
ヴァレオのマルチカメラシステムは、車両周囲の状況を表示し、ドライバーの運転を助けます。小型カメラが車両周辺の状況を記録し、インテリジェントな制御ユニットに画像を送ります。制御ユニットで入念に画像を処理し、最適化してから車両のカラースクリーンに表示します。
360Vue®システムは、ドライバーに車両を上空から見下ろした画像など、異なる画像を映し、車両周囲全体の状況を表示します。もうひとつの優れた機能は「クロストラフィック」パースペクティブです。この機能を使用して、ドライバーは、曲がり角の周囲を確認 (視界の悪い交差点で非常に役立ちます) したり、駐車場を出る際に周囲を見渡すことができます。
 
このシステムは、スクリーン上に一つの画像、または分割された複数の画像を表示します。そうすることで 360Vue®システムは、ドライバーが車両を容易かつ安全で正確に操作できるよう補助します。
ヴァレオは、このカメラに最新の CMOS (相補型金属酸化膜半導体) 技術を取り入れることで、十分な光がない場所や明暗の差が激しい場所 (例えば、地下駐車場への出入り時) でも高画質な画像を保証します。可能な限り広い範囲をモニターできるよう、カメラは最大190°という広い角度まで調節できます。この場合、通常、フィッシュアイ効果が発生しますが、強力なアルゴリズムで補正されるため、ドライバーは、自然ですぐに理解できる周囲の画像を見ることができます。

メディア

このテクノロジーが
搭載されている
モデル

詳細く