dossiers de presse

ヴァレオ、XtraVueトレーラーで2020 PACEアワードを受賞

04.28.2020 - 製品・技術について

2020年4月28日パリ発表プレスリリース意訳 – ヴァレオは、車両が牽引しているトレーラーやトレーラーハウスを視覚的に透明にしてドライバーが後方を確認できる世界初のシステム「ヴァレオXtraVue トレーラー」で2020年PACEアワードを受賞しました。このユニークで画期的な運転支援技術により、ドライバーは牽引自動車をより簡単で安全に運転できるようになります。

ヴァレオXtraVue トレーラーにより、ユーザーは被牽引車の後方を見ることができるようになります。ヴァレオが開発したカメラとソフトウェアにより、このシステムは牽引車と被牽引車から撮影されたデータを統合して一つの映像にします。このイメージを前方のモニターに映し出すことにより、ドライバーはあたかもトレーラーやトレーラーハウス越しに透けて見えるように車両後方で起きていることを確認することができます。これにより、運転操作は被牽引車のサイズにかかわらず、これまでにないほど簡単になるでしょう。ドライバーは自車の周囲をしっかりと確認しながら車線変更や、バック、駐車などの運転操作を行うことができます。

CES 2019ラスベガスで披露されたヴァレオXtraVueトレーラーは、同年末に米国市場で上市されました。これは一つのイノベーションを発表から生産開始まで迅速に進める同社のスピード感を象徴しています。

20年以上にわたり、オートモーティブニュースは、自動車業界に貢献する卓越したイノベーションや技術革新や業績をあげたサプライヤーをPACE(Premier Automotive Suppliers' Contribution to Excellence)アワードで表彰してきました。この名誉ある賞は、業界でのイノベーションのベンチマークとして世界中で認められています。

ヴァレオ・コンフォート&ドライビングアシスタンスシステムビジネスグループのプレジデントであるマーク・ヴレコは、「ヴァレオXtraVueトレーラーは、被牽引車を視覚的に透明にすることでドライバーが車両周囲全体をクリアに視認できるようにするユニークなイノベーションです。今回の受賞は、この画期的なテクノロジーを開発した私たちのチームの創造性、専門知識とスピード感を証明するものです」と述べました。ヴァレオは運転支援システムの世界的なリーダーであり、この分野で約20%のマーケットシェアを有しています。

ヴァレオは、この数年、数多くのPACEアワードを受賞しています。2005年に車線逸脱警告システム「LaneVue」、2006年にマイクロハイブリッドシステムの「StARS」、2007年に死角検知センサーの「マルチ・ビーム・レーダー(MBR)」、2008年に駐車支援システム「Park4U」、2012年に革新的なワイパーシステム「AquaBlade 」、2013年に「エアインテークモジュール」、2014年に「バックオーバープロテクションシステム」、2015年に「高効率オルタネーター」、2016年に「電動スーパーチャージャー」と「水冷コンデンサー」、2018年にはSCALAレーザースキャナー が同賞を受賞しました。

ヴァレオ、XtraVueTM トレーラーで2020 PACEアワードを受賞 (PDF 258.08kB)

全てのプレスリリース