クリストフ・デュボックと ブノワ・フルーリーはともに、自動車のライティング デザインに情熱を抱いています。クリストフは、ヴァレオのビジビリティシステムビジネスグループでデザインを統括しており、ブノワは同ビジネスグループでプロダクトマーケティングディレクターを務めています。2 人とも、強いブランド アイデンティティを生み出す高性能なライティングを自動車メーカーに提供するという同じ志を抱いています。

人間の目と同様に、ヘッドランプとリアランプは車の個性を決める重要なパーツです
クリストフ・デュボック

自動車のライティング システム デザインにおいて、スタイルはどのような役割を果たしているのですか?

C.D.: 私は研究開発チームで働いているので、研究者や光学技術者と緊密に連携して仕事をしています。私たちの目的は、ビジュアル的な魅力を備えながら、イノベーションと高性能を実現するライティングシステムをデザインすることです。


デザインの点で、ライティング システムは他の自動車システムとどのように違うのですか?

C.D.: ライティング システムは車の個性を表します。オリバー・ワイマンの研究によると、消費者の車への評価において、ライティングは 4 分の 1 の重みを占めています。ライティングはまた、感情を伝えることもできます。ヘッドランプが「にこやかな」目に見えるというように。逆に、ライティングは、楽しいタイプの車かシリアスなスポーツカーに取り付けられるかによっても表情が決まります。
B.F.: さらに、国際的な競争がますます激しくなっているため、自動車メーカーは目立たせる方法を探しています。フロントとリアのライティングによってブランドの個性を表現することができ、離れた場所からでもすぐに見分けがつく車もあります。

イノベーションによってあなたの仕事は変わりましたか?
C.D. 以前の技術では、法的な要件を満たす光を出すだけでしたが、現在では、LED (発光ダイオード) のおかげで、真の革新的な技術を初めて手にしています。スタイルとコンパクトさを備えたLEDは、デザインに新しい可能性を広げてくれます。この技術により、私たちは、卓越した性能を持つライティングを自動車メーカーの要求に応える価格で作ることができます。これにより、私たちはもっとコンパクトなランプを作り、車の個性を際立たせるライティングを生み出せるのです。

B.F. LED はハロゲンの5 倍、 キセノン の 2 倍高効率です。このため、新たな創造性を発揮する機会が広がります。また、この新技術により、ライティングの更新サイクルは情報機器並みになっており、6 カ月ごとにより高性能な新世代の LED が登場しています。このスピード感には、創作意欲をかき立てられます。


経済的な面は仕事にどう影響していますか?

B.F.: 使える予算が大きくなるほど、デザイナーは力強く独創的なスタイルの製品を作ることができます。中には、ライティングシステムをブランドイメージの表現として、戦略的にリソースを割り当てている自動車メーカーもあります。私たちの重要度も高まっています。


創造性が経済的、技術的、あるいは法規上の制約によって、妨げられることがありますか?

C.D. : 逆に、そうした制約こそ、イノベーションの源です。制約があるからこそ、賢明な解決策を見つけようとするのです。すべての自動車デザイナーが似た状況に置かれています。ですから、制約をうまく利用し、その状況から抜け出すことにやりがいがあります。


自動車メーカーとはどのように仕事をしていますか?

C.D.お客様をクリエイティブ ワークショップに招き、一緒に製作します。このワークショップでは、コンピューターでリアルタイムに製品をデザインします。お客様にはこのセッションでデザインした製品の 3D 画像を持ち帰っていただきます。ヴァレオでは、オートクチュール的にデザインした後に、量産に移行します。

B.F.: 私たちは自動車メーカーからの見積もり依頼がくるまでじっと待っているということはしません。こうしたミーティングを通じて、人間関係を築くのがヴァレオの強みの一つです。


今後どんなトレンドが出てくるでしょうか?

C.D/B.F.: 前回のパリ モーター ショーで、インテリアライティングは残念な状況にあることがわかりました。キャビン ライティングでは、自動車メーカーが差別化を図れる余地がたくさんあります。デザインや空間、材質を高めることができます。さまざまな適用例を考えることができます。ドライバーが近づくと自動車の室内を明るくしたり、ドアハンドルをカラフルなライトで照らしたりするも可能です。また、ダッシュボードのデザイン性をライティングで高めることもできます。これにより、車の個性はより引き立つでしょう。


略歴

Christophe Dubosc

クリストフ・デュボック

有能なエンジニアであるクリストフ・デュボックは、フランスで有名なデザイン学校の一つである ヴァレンシエンヌ・デザイン高等学院(L'Institut Supérieur de Design de Valenciennes )の卒業生であり、ヴァレオのビジビリティ システム ビジネス グループのデザイン部門長として、自動車のライティングをデザインし、未来のスタイルを作っています。

Benoist Fleury

ブノワ・フルーリー

ブノワ・フルーリーは、ライティングシステムと運転支援分野の研究開発チームの一員として 15 年以上経験を積んだ後、ライティングシステム プロダクトグループのプロダクト マーケティング ディレクターとして現在活躍しています。

詳細